陶芸家シゲさんのピザ窯づくり(その2)


2017.11.12(日) 穴窯づくり2回目のワークショップでした。
2層目からはスサ入りの粘土を積み、今日は3層目をスタート。どうしても重力で下がっていくので、上が肉痩せしたカタチで終了。あと1層はまた後日に、丸くカタチを整える感じにして完成される予定です。

↓この窯が見学できます!
11月23日(木)〜29日(水)
「土窯築窯披露と 鈴木重孝 新作・陶展」
ギャラリー参興庵 にて(詳細はこちらへ

↓サンマは炭火で焼くのが美味しいんです!

と、シゲさんがお昼ごはんに焼いてくれました。しかも炭に着火ではなく、薪を燃やして熾火をつくっています。皮がパリっとした焼きサンマ!ご馳走様でした。
やっぱり田舎暮らしが最高!
 

関連記事:
陶芸家シゲさんのピザ窯づくり(その1)
ピザ窯のコンクリート土台づくり

陶芸家シゲさんのピザ窯づくり


2017.11.4(土)
地元の粘土を使用した穴窯をつくりました! 陶芸家 鈴木重孝さんご指導のワークショップでした。
砂場遊びみたいに、粘土を手に楽しい作業となりました。今日は、窯の型づくりと壁1層を施工しました。このあとさらに3層積み重ねて行きます。
次回のワークショップは11月12日(日)です。ぜひご参加くださいね。

↓この窯が見学できます!
11月23日(木)〜29日(水)
「土窯築窯披露と 鈴木重孝 新作・陶展」
ギャラリー参興庵 にて(詳細はこちらへ


粘土をくだいています。
↓こんな風に崖からゴロリと落ちてきた岩(粘土)を使用します。


1層目が完成。全部で4層積み重ねて壁厚20cmを目指します。

*お庭にピザ窯はいかがですか? 施工も請け負います。ご興味のある方はお気軽にご一報ください。(^o^)/

関連記事:
陶芸家シゲさんのピザ窯づくり(その2)
ピザ窯のコンクリート土台づくり

ピザ窯のコンクリート土台づくり


2017.10.7 ピザ窯の土台をつくるワークショップを開催しました。
窯本体が1トンぐらいになるため、ガッツリとコンクリート基礎から施工です。まるで家の基礎をミニサイズにしたような、凝縮体験ができました。

皆さまありがとうございました。おつかれさまでした。(`_´)ゞ
次回は、いよいよ陶芸家シゲさんの穴窯施工ワークショップです。お楽しみに!

*お庭にひとついかがですか? 施工も請け負います。ご興味のある方はお気軽にご一報ください。(^o^)/

関連記事:
陶芸家シゲさんのピザ窯づくり(その1)
陶芸家シゲさんのピザ窯づくり(その2)

美術館のようなアンティークショップ


旧農協の米倉庫にアンティークショップがOPENしました。


まるで美術館のようなテイスト! 田舎の小さな町に都会の風が吹いている感じです。


隊員たちは、小引き出しの前にずーっと刺さったまま。


うーん、この価値観とセンスにうなります。
オープンありがとうございます。楽しみが増えました!(^_-)

アポロギア(→URL
千葉県長生郡長柄町徳増315-2
→地図はこちらへ

屋外キッチンセット

庭にテーブルを出してご飯を食べるのは、郊外の暮らしの楽しさです。そして、外の景色を眺めながら料理をするのも最高の気分転換になります。
庭先にパタパタっと簡単に組み上がるキッチンセットがあったら、もう庭は部屋の一部になります!なんか “リカちゃんハウス”のようなおままごと気分ですね。

8.20(日) 長南町にて、東京家政大と長南小学校3年生の交流事業があり、そこで長南町らしいお昼ご飯を提供するミッションのために製作しました。
ウルトラ“古民家”防衛軍は、当日のビザ焼き部隊としても参加しました!

詳しくはこちらをどうぞ。

古民家の歪みや傾きを直す仕事

“曳家”という職人衆がいます。
古民家は長年の変化で基礎が沈下して、カベが傾いたり、床が落ち込んだり、障子も動きにくくなったりしています。 家の歪みを直す大仕事は、昔から“曳家さん”が行っていました。
現在、ウルトラ古民家防衛軍が携わっている古民家も歪みが激しいため、ここだけは曳家さんにお願いすることになりました。これさえできれば、あとはDIYで直せるようになるわけです。
落ち込んだ柱をジャッキで上げて、床を水平にしていきます。グニャグニャだった床面が水平になると、それまでボロボロに思えた家が矍鑠としてきます。歳を重ね曲がってしまった背中が、いきなり若返って元気になってしまった?! それほど家全体が活き活きとして見えてきます。
これって整体みたいです!
リノヴェイションして住み続けられるのは、良い素材を用いて、日本の伝統工法で建てらているからこそ可能な事。やはり古民家には大いなる魅力があります!!

7月1日(土)までは曳家さんの現場を見学しながら勉強会を開催します。
ぜひこの機会にご参加ください!

        

大工さんの古民家修理のワザ(家畜小屋リノベ)


この3日間はプロの大工さんの仕事を見習いです。壁づくりと床づくり。
どうやって補修するか?見極めも仕事もとにかく速い!さすがです。

<壁の歪み修正>
経年変化で壁面がグニャグニャに歪んでいるので、ずれた柱を直していきす。本当に物理的です。

<壁の貼り直し>

自作のスペーサーを駆使して壁の下地材を固定していきます。歪んでいた壁が平面に仕上げられていきます。

<新設の壁>
柱の下に置くピンコロ。あたりをひいて、線にぴったり柱を立てました。

<床づくり>
↓こういうときコンベックスは当てにならない。
シンプルで確実な方法で床の高さを出していきます。

床板の製材。黴びた廃材の再利用です。黒カビに染まっていましたが、プレーナーで剝くと綺麗になるんです。