活動コンセプト

私たちの町周辺には古民家の空き家がたくさんあります。
そのほとんどは手が入れられず、何年か放置されれば倒壊してしまう時期にさしかかっています。

古民家ブームと言われていますが、片付けや改修には費用がかかりすぎる印象があって、空き家放置の原因になっているのです。
「こんな状態じゃ、誰も欲しくないでしょうよ」と、取り壊して更地で売ろうと考えてしまうわけです。

でも、ちょっと待って!!!
効果的な修理によって、家は蘇ります!
簡単に壊さないで〜!

昔の棟梁が建てた家は、手を入れながら、さらに50年、100年と住み続けられます。古民家は文化財。現代では入手困難な材料が使われています。木のクセを見抜いて組んである構造そのものも貴重なんです。
それが、壊してしまったらあっという間に失せるのです。

「もったいない!!!」「なんとしても残したい!」
そのために何ができるかと考え、ウルトラ“古民家”防衛軍を立ち上げました。

現在、技術力ある大工さんなどのプロと繋がり、古民家を大切に修理し、リノベーションを行っています。

大きく傾いていても、直せます。家の構造や強度に関わる箇所などをしっかり修理すれば、その先はDIYでもできます。時々ワークショップや見学勉強会などを開いています。

また空き家物件の紹介を、古民家好きならではの観点から行っています。現状のままなので、修理の必要な箇所も解説しています。

古民家に住みませんか?
自分たちの暮らしやすさを考えながら、自分たちの家に変えて行く。こんな面白いライフワークはありませんよ。
一緒にワイワイ楽しみましょう。

 

建築家集団

ウルトラ“古民家”防衛軍

トモ / 長谷川 朋之(Blog
ナベさん
タッカさん
ハラさん
あき