活動コンセプト

私たちの町には古民家の空き家がたくさんあります。

そのほとんどは手が入れられず、あと数年放置されれば朽ち果て消え失せる時期にあります。

古民家ブームと言われていますが、片付けや改修には費用がかかりすぎる現実があり、空き家放置の原因になっているのです。
「こんな状態じゃ、誰も欲しくないでしょ」と、取り壊して更地で売ろうと考えてしまうわけです。

でも、ちょっと待って!!!
修理なんてDIYでできるんです!壊さないで〜!

私たちは、古民家を自分で改修しています。自分たちの暮らしやすさを考えながら、仕事の隙間をぬって、作りながら住んでいます。
こんな面白いライフワークはありませんよ。

昔の棟梁が建てた家は、適材適所に修理を入れれば、さらに100年以上住めるのです。古民家は文化財。大切に住み継ぐ価値があります。現代に同じような家を建てようとしたら、どんなに大金を用意しても難しいのです。材料がまず手に入らない、木のクセを見抜いて使う技も。それが、壊してしまったらあっという間に失せるのです。

もったいない!!!
なんとしても残したい!
そのために何ができるかと考え、自分たちが改築している時に興味のある人を呼んで見てもらうことにしました。

ワークショップをその都度開催していますので、ぜひご連絡ください。
一緒にワイワイ楽しみましょう。

 

隊員紹介 ←ただいま準備中