築80年の店舗+住居(ち-2)

↓ 契約が成立しました。(更新2017.8月)

価格  — 円(物件+修理代)

修理箇所:屋根の雨漏りする部分が必須
※価格は税抜表示です。

・間取り図
・物件概要と周辺について
長南町の資金的サポート

 


築80年の店舗物件です。古民家ファン必見!

長南町の目抜き通り沿いの店舗です。
まるで「どこでもドア」のように、表の商店街から裏の静かな里山空間へ……愉しみいっぱいの物件です。
現状は屋根の雨漏りがあります。屋根はプロに任せて修理すべき部分です。修理費用を価格に含めています。これさえクリアすれば今後もしっかり住み継げる建物です。
あとはDIYで楽しく改築はいかがですか? 夢の商店建築を格安で入手しましょう。早い者勝ち!

建物の外観

↓商店街の通りから見た写真。右横の緑のシャッター車庫も含まれます。


通りの向かい側から見た写真。左は隣家(現在空き家)です。


庭側から見たところ。左が車庫、2階屋が店舗、手前の赤い屋根が住居、緑の屋根がお風呂等。

店舗内部


店舗スペースです。
土間で18畳くらいの広さがあります。
大きな梁に格天井! 手がかかったリッチな造りです。
販売スペース、事務所、レストランなども良いですね! アトリエ住宅としても最適だと思います。作品ギャラリーもできて、夢を広げてくれます。
この物件の魅力ポイントです♡

表通りを背にして正面。棚のベニヤ板を取り払うと、千本格子戸が4枚揃います。格好いいですね。


通りを背にして正面。


通りを背にして右側面。


通りを背にして左側面。古い大きな鏡。今では歪む鏡はアンティークです。


左が店舗部分の天井。格天井という豪華なもの。 右は出入り口の上。カッコイイですよ!


ひさしの繰り出しもアンティークですね。
今も動きます。

住居内部

店舗の二階


右の格子戸側が店舗です。階段の飴色が美しいです。
2階へ上がってみます。


上から階段下を見たところ。造りの良さがわかりますよね?

↓そして、2階は和室です。

気持ちの良い和室12帖。つくりも品が良い。2面が窓です。
床の間や天井など、日本の伝統的な建物ならではの魅力に溢れてます。
この窓からは商店街を見下ろせます。この部屋は旅籠屋にもいいかもしれませんよ。


格子戸の向こうが階段です。


雨漏りのシミがあります。屋根修理が必須です。
↓畳にシミもできています。

店舗背後の住居部分

応接室

店舗のすぐ背後は階段を挟んで住居になっています。
まず応接室と小さめのキッチンがあります。レトロで魅力的ですよ。


応接室。扉の向こうが店舗側の廊下です。左がキッチン。


応接室。向こう側にキッチンと勝手口。


残念ながらここにも雨漏りのシミ。屋根の修理が必須です。

キッチン

勝手口からキッチンを見たところ。
ここの改築ならDIYでできますよ。楽しい空間ができそうです。


ステンレスの天板が錆びています。

和室8帖

キッチンと応接室の背後に、和室8帖が一部屋あります。2面の縁側付きで、日当たりも良好です。

正面の裏がキッチンと応接室。左は南面の縁側。


左がキッチンと応接室の側。右は東。右奥にトイレがあります。


襖に雨漏りのシミです。


南の縁側。床材は、水拭き程度で飴色になりそうですね。
無垢材の経年変化が美しいです。


東の縁側。突き当たりはトイレです。


トイレは汲み取りです。和式便器に洋式を被せてあります。これは昔のタイプなので、現代の簡易水洗に替えると快適そうです。


和室を庭側から見たところです。


右に少し写っている建物は離れです。

離れ

左がお風呂、右が作業場です。


風呂です。タイル湯船がいいです!


作業場です。水場があるようです。

車庫


内部はかなり広いです。
シャッターは前と奥が両方とも開くので、通りから庭へ車が入れます。友達をたくさん呼べそうですね。

庭と里山

奥へ奥へ庭が広く、里山まで続いています。


畑だったようです。家庭菜園に丁度良い広さです。
もしも飲食店をお考えでしたら、ここに7,8台の駐車スペースをつくれそうです。


庭から里山の方を見たところ。まだ奥まで見えません。遠くに見える井戸まで行ってみます。


小道が竹林へ誘います。


竹林に入ってみます。


竹林から家の方を見たところ。タケノコが出てますよ。ミョウガも出てきました。
商店街の裏に、こんなに美しい景色があるなんて信じられません。
↓こっちは一番奥から見たところ。


一番奥、山の麓に洞窟が3つ。物置にしていたようです。左の2つは奥はつながっています。一番右の穴は小さく、奥へ奥へどこへ続いているのやら……。
↓入口2つの奥の空間。広いですね。


山の頂上を見たところ。この山は庁南城跡の一部です。この程度の荒れ具合ならすぐに整備できますよ!維持するのに程よい規模の山だと思います。

◆   ◆   ◆

↑ 契約が成立しました。(更新2017.8月)