日本の家(よ-3)

価格 700 万円

築35年の日本の家です。古民家好きの我々から見ると、なんと新しい物件!(笑)
在来工法で作られた木造家屋。しっかり作られています。
きれいに掃除されいて、すぐにでも住み始められます。
山を背負った広大な敷地、豊富な自然環境が自慢です。周囲ものどかな田園風景、まさに田舎暮らしにピッタリな立地条件。
かなりお得な物件です!

・物件概要と間取り図 →長南町空き家バンクNo.24
・周辺について
長南町の資金的サポート



在来工法のしっかりした日本民家です。大工の技も見事です。

環境


少し高台にあり、作業小屋もついています。


家のすぐ隣に畑があります。

エントランスは坂道。


坂下は田んぼの拡がる景色です。

母屋内部


まずは玄関の軒下が素晴らしいです。垂木が2本づつ使われ、腕木には彫刻が!


玄関から奥の廊下を見たところ。入口の意匠がさりげなく、美しいです。


玄関の天井です。竹が使われていて、数寄屋風の凝った造りが楽しめます。日本の意匠は魅力的です。


床の間の壁は藍色で仕上げられていて素敵。床柱が派手すぎず良い物が使われています。書院障子があるのもポイントですね。とても品の良い床の間です。


和室8畳、仏壇や神棚のある部屋です。襖を張り替えだけでも、雰囲気は自由に変えられます。


南側の廊下。冬は一日中陽が差し込み暖かい。重要なポイントです。


北側の廊下。


キッチンもすぐに使えそうです。
床と壁が新建材なので、取り替えると雰囲気が変えられます。DIYでいかがでしょう?


お風呂も使えそうです。床にスノコを敷くだけでも雰囲気が変わります。
ボイラーは未確認なので後日またupします。

作業小屋


倉庫として、工房として、いろいろ妄想が膨らみます!
トタン壁を違う材に変えたら雰囲気は一変します。もちろんこのままのテイストを活かすのもイイですね〜。夢が膨らみます。
↓ エントランスからは、このように作業小屋が見えてきます。DIYの楽しみ甲斐がありそうです!